社団法人 土壌環境センター  
HOME センター紹介 資格制度 セミナー・講習会 発行図書 会員企業
資格制度トップページへ
土壌環境保全士
土壌環境リスク管理者

セミナー・講習会

販売物

会員専用サイトへログイン

Home > 技術委員会 > 地下水汚染のサイト評価手法の活用検討部会(評価手法部会)

地下水汚染のサイト評価手法の活用検討部会(評価手法部会)
研究活動の目的
地下水汚染は飲用摂取等で人の健康への影響が大きく、その浄化及び適切な管理は土壌汚染対策の最重要課題です。しかし、地下水汚染の状況や挙動を正確に把握するためには多くのモニタリングデータと高度な技術力、経験が必要となる。地下水汚染の合理的な対策を進めるためには、適切な評価手法を活用し、発生原因や汚染物質の移動や消長を評価する必要があります。
これらのニーズに対し、平成30年・令和元年度のCSM/MNA部会の検討成果の「サイト概念モデル(CSM:Conceptual Site Model)構築手法」と「地下水汚染の科学的自然減衰(MNA:Monitored Natural Attenuation)の概念を拡張したモニタリング手法」を発展させ、センター会員が調査・対策時に活用可能な評価・管理手法として、実サイトに適用可能な手引書の作成と実施事例の収集を行います。


■ 部会活動の内容
1)
地下水汚染のサイト評価手法の活用方法の検討
 CSM構築手法と地下水モニタリング措置の検討成果を統合して、地下水汚染に対するサイト評価手法の検討・とりまとめを行い、センター会員向けの手引書を作成します。手引書では、地下水モニタリングを活用した管理を行うことで、汚染の拡散がないことの評価や関係者間の情報共有を実現するための手順や技術情報をまとめる予定です。
2)
地下水モニタリング措置事例の収集
 地下水モニタリング措置による経過観察処置(もしくは拡散防止対策)を行っている事例を収集し、サイト評価手法の有用性を検証する予定です。



評価手法部会名簿 
トピックス


外部発表など
■CSM/MNA部会(平成30〜31年度)

■ 土壌・地下水汚染調査段階へのCSM手法の適用に関するケーススタディ
柴田健幹・和知剛・長千佳・有馬孝彦・奥田信康・CSM・モニタリングを活用した土壌・地下水汚染の管理手法検討部会
第25回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S3-04(2019)
               原稿PDF      ポスターPDF


■ 土壌・地下水汚染に対する地下水モニタリング措置の検討
高畑陽・古屋光啓・舟川将史・佐藤徹朗・CSM・モニタリングを活用した土壌・地下水汚染の管理手法検討部会
第25回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S6-03(2019)
               原稿PDF      ポスターPDF


■サステイナブル・アプローチ部会 CSM調査WG(平成28〜29年度)

■ ライフサイクルCSM手法の活用方法の検討
奥田信康・宮田 彰・白井昌洋・折茂芳則・大西絢子・SA部会
第24回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S3-04(2018)
               原稿PDF      ポスターPDF


■ リスク評価のためのサイト概念モデル構築手法の調査結果
奥田信康・田中宏幸・白井昌洋・折茂芳則・横山直由・サステイナブル・アプローチ部会
第23回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会,S3-33(2017)
               原稿PDF      ポスターPDF 


■サステイナブル・アプローチ部会 リスク評価WG(平成26〜27年度)

■ わが国の土壌汚染対策におけるリスク評価手法の活用方策
    奥田信康・佐々木哲男・高階修・立野久美・中島誠・サステイナブル・アプローチ部会
    第22回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S4-09(2016)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ 油汚染サイトにおけるリスク評価モデル(SERAM)評価事例
    白川武・山本義男・田中宏幸・奥田信康・中島誠・サステイナブル・アプローチ部会
    第21回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S2-19(2015)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■リスク評価モデルの普及・ツール化検討部会(平成24〜25年度)

■ サイト環境リスク評価モデル(SERAM)ツールの開発と活用事例
    奥田信康・佐々木哲男・田中宏幸・山田優子・向井一洋・リスク評価モデル普及・ツール化検討部会
    第20回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-20(2014)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ 土壌・地下水汚染対策におけるリスク評価の活用についてのガイダンスの作成
    中島誠・山田優子・鈴木弘明・白井昌洋・伊藤豊・リスク評価モデル普及・ツール化検討部会
    第20回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S5-15(2014)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ サイトリスク評価モデルSERAM のツールの開発と活用方法
    奥田信康・佐々木哲男・リスク評価モデル普及・ツール化検討部会
    第19 回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S6-5 (2013)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■リスク評価方法検証部会(平成22〜23年度)
■ サイト環境リスク評価モデルSERAMの重要パラメーターの感度解析評価
    奥田信康・佐々木哲男・村上淑子・小森敦史・中島誠・リスク評価方法検証部会
    第18回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S2-3(2012)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ サイト環境リスク評価モデルSERAMによるガソリン 汚染サイトの健康リスクに
 関するケーススタディ

    田中宏幸・奥田信康・佐々木哲男・原元利浩・杉原勝利・リスク評価方法検証部会
    第18回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S4-8(2012)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ サイト環境リスク評価モデルSERAMによる 土壌汚染サイトの健康リスク評価の
 ケーススタディ

    田中宏幸・奥田信康・佐々木哲男・原元利浩・中島誠・リスク評価方法検証部会
    第17回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-11(2011)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■リスク評価活用方法検討部会(平成20〜21年度)分
■ 土壌汚染対策におけるリスク評価手法の活用に関する検討
    白井昌洋 ・ 和知 剛 ・ 伊藤 豊 ・ リスク評価活用方法検討部会(2010)
    第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S3-3(2010)
              原稿PDF     ポスターPDF 


■ わが国のリスク評価の対象とする曝露経路選定について
    佐々木哲男 ・ 菱川絢子 ・ リスク評価活用方法検討部会
    第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S5-6(2010)
              原稿PDF     ポスターPDF 


■ わが国におけるリスク評価モデル(案)の計算式
    福浦 清 ・ 奥田信康 ・ 伊貝聡司 ・ リスク評価活用方法検討部会
    第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S2-3(2010)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ リスク評価モデルにおける我が国の建物構造を考慮した室内空気経路の曝露
    伊貝聡司 ・ 村上淑子 ・ リスク評価活用方法検討部会
    第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-18(2010)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(6) 
         −わが国の土壌汚染対策におけるリスク評価の活用に向けて−

    中島 誠 ・ 奥田信康 ・ リスク評価適用性検討部会・リスク評価活用方法検討部会
    第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S3-2(2009)
               原稿PDF     ポスターPDF 


■リスク評価活用方法検討部会(平成16〜19年度)分
■ 土壌汚染対策をめぐる最近の状況とリスク評価導入による効果
    中島 誠
    化学経済,Vol.55,No.12,91〜97(2008)
                     原稿PDF 


■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用に関する検討
    中島 誠
    環境技術,Vol.36,No.3,174〜179(2007)
                     原稿PDF 

■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(その5)
          −わが国におけるリスク評価活用の概念と課題−

    中島 誠 ・ 奥田信康 ・ 小口深志 ・ リスク評価適用性検討部会
    第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S3-26(2007)

                     原稿PDF 



■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(その4)
          −日欧米のリスク評価モデルにおける暴露評価方法の比較

    藤長愛一郎 ・ 川辺能成 ・ 福浦 清 ・ リスク評価適用性検討部会
    第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-27(2007)

                     原稿PDF 



■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(その3)
                           −米国におけるリスク評価の活用事例−

    白井昌洋 ・ キショール・パラズリ ・ 菱川絢子 ・ リスク評価適用性検討部会
    第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-26(2007)
                     原稿PDF 


■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(その2)
                           −リスク評価モデルの特性比較−

    畠 俊郎 ・ 奥田信康 ・ 川辺能成 ・ 小山 孝 ・ リスク評価適用性検討部会
    第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S3-8(2006)
                     原稿PDF 


■ 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(その1)
        −諸外国におけるリスク評価の土壌汚染対策への適用について−

    福浦 清 ・ 和知 剛 ・ 白井昌洋 ・ リスク評価適用性検討部会
    第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S2-13(2006)

                     原稿PDF 



■海外アセスメント・評価調査部会RBCA研究ワーキンググループ(平成14〜15年度)分
■ RBCA研究WGの活動について
    中島 誠
    土壌環境センター技術ニュース,No.9,pp.57-64(2004)
                     原稿PDF 


■ RBCAによるリスク評価について(その5)−サイトデータに基づくケーススタディー
    畠 俊郎 ・ 深田園子 ・ RBCA研究WG
    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第10回講演集,pp.450-453(2004)

                     原稿PDF 


■ RBCAによるリスク評価について(その4)−我が国における毒性パラメーターの提案−
    原元利浩 ・ RBCA研究WG
    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第10回講演集,pp.160-163(2004)

                     原稿PDF 


■ RBCAによるリスク評価について(その3)−健康リスクの定量評価に基づく対策の考え方−
    奥田信康 ・ RBCA研究WG
    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第9回講演集,pp504-507(2003)
                     原稿PDF 

■ RBCAによるリスク評価について(その2)−リスク計算に用いるパラメーターについて−
    藤長愛一郎 ・ RBCA研究WG
    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第9回講演集,pp.500-503(2003)
                     原稿PDF 


■ RBCAによるリスク評価について(その1)−リスクアセスメントの考え方−
    中島 誠 ・ RBCA研究WG
    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第9回講演集,pp.496-499(2003)
                     原稿PDF   



関連する終了した部会
1.部会名:サステイナブル・アプローチ部会 リスク評価のためのサイト概念モデル調査検討ワーキンググループ(CSM調査WG)
活動期間:
平成28年度〜平成29年度
活動の目的:
国内おけるリスク評価活用を活性化する上で、評価対象サイトの状況を的確に把握することが必要である。 現実の汚染問題では、複雑な地盤や汚染状況に加え、周辺環境への影響の有無や現在および将来の土地利用など、具体的な対策案の検討を進める前の前提条件の整理が重要となる。 これら個別サイトの種々の問題を整理するためにはサイト概念モデルの構築が有効であり、海外においても様々なアプローチ方法が検討・活用される。 そこで、本WGでは、リスク評価を活用して複雑な日本の土壌汚染問題の解決に寄与することを目的として、 「サイト概念モデル(Conceptual Site Model)」の構築に関する海外の最新情報と事例を調査し、新たな評価方法の検討を行った。
活動の成果:
(1)
CSM構築・活用方法に関する文献調査と事例収集
(2)
ブラウンフィールド再生事例の文献収集
(3)
日本の土壌汚染対策に有効なCSM構築として、ライフサイクルCSM手法について整理
(4)
日本での土壌・地下水汚染の調査対策事例をベースにライフサイクルCSMの評価手法を適用したケーススタディ3事例を実施し、今後日本におけるCSM活用の課題を抽出した。

2.部会名:サステイナブル・アプローチ部会・サステイナブル・レメディエーションの活用検討ワーキンググループ
活動期間:
平成28年〜平成29年度
活動の目的:
「複数の選択肢から最適な浄化工法を選定」するSR手法の検討をさらに進めると共に、新たに原位置浄化推進のための「モニタリング」技術の活用を進めるために、 SRの概念を導入した「MNA」の新たな運用方法の検討を行いました。

3.部会名:サステイナブル・アプローチ部会 リスク評価モデル・ガイドラインの活用ワーキンググループ
活動期間:
平成26年度〜27年度
活動の目的:
前年度部会までに土壌汚染のリスク評価に関するガイダンス(案)、 サイト環境リスク評価モデル(SERAM)のマニュアル(案)と計算ツール開発を作成した。 本部会では、さらに、これらのガイダンス案および資料、計算ツールを用い、 わが国の土壌汚染対策においてリスク評価手法を活用促進する方策を検討し、 リスク評価モデルの技術標準化を目的とした検討を行った。
※SERAM(Site Environmental Risk Assessment Model)

4.部会名:リスク評価モデルの普及・ツール化検討部会
活動期間:
平成24年度〜平成25年度
活動の目的:
わが国の土壌汚染対策におけるリスク評価の活用について普及・啓発をはかるため、 リスク評価を活用した土壌汚染対策に関する一般住民向けおよび技術者向けのガイダンス案をそれぞれ作成するとともに、 リスク評価モデルSERAMの改善・ツール化を行う。

5.部会名: リスク評価方法検証部会
活動期間:
平成22年度〜平成23年度
活動の目的:
リスク評価モデルSERAMの検証、リスク評価の活用のためのガイダンスおよびパラメーターの整備

6.部会名: リスク評価方法活用方法検討部会
活動期間:
平成20年度〜平成21年度
活動の目的:
わが国の土壌汚染対策におけるリスク評価の活用方法の検討、リスク評価モデルの検討

7.部会名: リスク評価適用性検討部会
活動期間:
平成16年度〜平成19年度
活動の目的:
欧米におけるリスク評価の実態調査、わが国でリスク評価を有効活用するための課題の抽出、欧米のリスク評価モデルの比較

8.部会名: 海外アセスメント・評価調査部会RBCA研究ワーキンググループ
活動期間:
平成14年度〜平成15年度
活動の目的:
米国で開発された土壌汚染対策のためのリスク評価モデル(ASTM E2081 : Risk-Based Corrective Action)の調査研究