社団法人 土壌環境センター  
HOME センター紹介 資格制度 セミナー・講習会 発行図書 会員企業
資格制度トップページへ
土壌環境保全士
土壌環境リスク管理者

セミナー・講習会

販売物

会員専用サイトへログイン

Home > 技術委員会 > 土壌・地下水汚染の総合的な対応に関する検討部会

土壌・地下水汚染の総合的な対応に関する検討部会
研究活動の目的
  本部会は、技術委員会自主部会に新たに設立されたもので、分科会活動(平成30年度〜令和元年度)を前身として本年度から活動を開始するものです(令和02年度〜令和03年度)。
  比較的規模の大きな土壌汚染と地下水汚染は,複合して生じていることが一般的です。わが国では,土壌汚染対策法が施行された平成15年以降, 地下水汚染については水質汚濁防止法が施行されていることから2つの法律によりそれぞれ規制されているのが現状です。 このため,土壌・地下水汚染を一体化して対応するスキームが明確化し難いという課題があると考えます。   一方,地方自治体等における条例等では,土壌・地下水汚染を一体として捉える傾向がありますが,条例独自の土壌・地下水汚染への対応について明確な対応スキームが形成されているとはいえないのが現状といえます。
  また,地下水汚染は,汚染原因者の土地の外まで広がることがあり,近隣土地所有者とのトラブルの原因となっている事例もあります。
  このような背景から,土壌・地下水汚染を一体として捉え,かつ合理的な調査・対策手法の検討に関するスキーム(案)を構築する目的で活動するものです。



■ 部会活動の内容
(1)
土壌汚染対策法と水質汚濁防止法を考慮し,「土壌・地下水汚染に係る調査・対策指針及び同運用基準(平成11(1999)年1月29日公布)」を引き継いだ対応手法の検討
(2)
土壌・地下水汚染を一体化した対応を考えた場合の地方自治体における条例等のあり方の整理(特に調査手法の考え方の検討)
(3)
土壌・地下水汚染を一体化して対応するためのケーススタディの作成


総合検討部会名簿
トピックス
なし


外部発表など
■大規模地下水汚染の事例と特性
  鈴木弘明・中島誠・菊池毅・日笠山徹巳・門間聖子・土壌・地下水汚染の総合的な対応に関する検討分科会
  第25回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S4-05(2019)

                       






関連する終了した部会
土壌・地下水汚染総合検討分科会
活動期間:
平成30〜令和元年度
活動概要:
土壌・地下水汚染の調査・対策について一体化した対応を行うための方策を検討していくにあたっての基礎的な資料収集・整理を目的として活動を行った。 活動内容として、(1)土壌汚染対策法の第二次改正内容の整理・課題点の検討、(2)国内の地下水汚染に対する法・条例等の収集整理、 (3)国内における大規模地下水汚染の事例収集および原因検討、(4)国内における土壌・地下水汚染を一体化して対応した事例等の収集整理、 (5)土壌・地下水汚染の総合的な対応手法の方向性検討を行った。 なお、本分科会は、令和2年度以降、自主部会として活動するに先立ち、設置されたものである。