第53回「土壌環境保全士」リフレッシュ講習会受講案内

一般社団法人 土壌環境センター

1. はじめに

  「土壌環境保全士」資格は、資格取得時の能力の維持・向上をはかるため、3年ごとに登録更新が必要です。 登録更新の方法としてリフレッシュ講習会の受講を希望される方は、標記の土壌環境保全士リフレッシュ講習会を受講して下さい。

  令和3年度は、新型コロナウイルス等の感染症リスクを低減すること、受講者が受講しやすい講習会とすることを目的として、従来の対面講習に代えてオンラインでのWEB講習を実施します。
  受講対象者はWEB上で動画を閲覧することにより講習を受けられます。


(注)今回の「土壌環境保全士リフレッシュ講習対象者」で、かつ「土壌環境監理士」の方へ
   “本講習は、「土壌環境監理士」の「登録更新対象講習会」です。”

2. WEB講習受講に必要な機器の要件

WEB講習の受講には、下記の要件を満たす機器が必要です。
OS ブラウザ
Windows8.1
Windows10
Mac OS X 以降
Android 5.0以降
Microsoft Edge
Firefox(最新版)
Safari(最新版)
Chrome(最新版)


動作環境
回線速度 下り:512kpbs 上り:256kpbs 以上
CPU Celron 1GHz以上、又は、CoreDuo 1.66GHz以上
又は、上記相当以上のCPU
  現在ご使用中の機器及びブラウザで下記のURLに接続して、サンプルの動画が正常に視聴できればWEB講習の受講は可能です。
  サンプル動画のURL: https://www.gepcseminar.com/sample.html
  WEB講習が受講できない方は、「5.レポート提出による更新」を申込みください。

3. 対象者

  • 第8回土壌環境保全士合格者(認定証登録番号 474〜541の方)
  • 第17回土壌環境保全士合格者(認定証登録番号 1054〜1120の方)
  • 第25回土壌環境保全士合格者(認定証登録番号 1708〜1817の方)
  • 認定証登録番号 341〜473、922〜1053、1609〜1707、2166〜2218、2347〜2411、2521〜2562の内、資格停止中の方
  • 海外勤務、産休等の理由で登録更新を行えない旨、事前に届出のあった方


(注)上記登録番号以外の方は、申込みできません
   資格停止中の方は、当ホームセンターホームページで確認できます。

4. WEB講習を受講される方

(1) 申込み

「リフレッシュ講習会(WEB講習)」の受講を希望される方は、【受講申込フォーム】からお申込みください。
 

受講申込フォームをクリックし、IDとパスワードを入力してログインし、申込をして下さい。

初期認証登録を
済ませていない方は
初期認証をしていない方はこちらへ

 
センターから「講習費用振込書」がe-mailで送られてきますので、そこに記載された「振込先」に受講費をお振り込みください。
振り込みが終わりましたら、e-mailをプリントアウトし、その「振込控え貼り付け欄」に「振込控え」を貼り付けて、センターへFAXまたはe-mailに添付して返信してください。
FAX: 03-5215-5954
 
センターで入金が確認されましたら、講習開始日の約1週間前に「ログインURL」、「ログインID」、「ログインパスワード」、「講習会資料ダウンロード用URL」、「WEB講習受講説明書」がe-mailで送られてきます。受講説明書をもとに、お手持ちのパソコン等から接続やログインができるか、事前にご確認ください。また、講習会資料はダウンロードしてご使用ください。
 
WEB講習期間
受講説明書に従って、WEB講習期間内に全ての講義を受講してください。


(2) 主催

一般社団法人 土壌環境センター

(3) WEB講習期間

令和3年7月5日(月)〜7月9日(金)

(4) 講習内容(都合により講習内容が変更になることがあります)

1)
土壌環境保全士について:土壌環境センター(約10分)
2)
土壌汚染と法整備の経緯:環境省(約60分)
3)
横浜市における土壌汚染対策について:横浜市(約40分)
4)
調査及び措置の技術的手法の解説:土壌環境センター(約60分)
5)
リフレッシュ講習(1/2):土壌環境センター(約60分)
6)
リフレッシュ講習(2/2):土壌環境センター(約60分)
7)
確認ドリル:土壌環境センター(約30分)
8)
確認ドリル解答:土壌環境センター(約10分)
9)
アンケート(約5分)

(5) 受講申込み受付期間

令和3年5月10日(月)〜6月7日(月)

(6)受講料等

受講料 10,470円(消費税10%含む)
領収書は認定証(カード)と一緒に送付いたします。
希望者のみ:本講習用テキスト代5,230円(消費税10%含む)
 
リフレッシュ講習では直接使用しませんが、最新の「本講習会用テキスト(令和2年2月版)」を、希望者に別途5,230円(消費税10%含む)にて再配布いたします。

(7) WEB講習受講時の注意事項

講義動画は、受講期間(令和3年7月5日〜7月9日)の間のみ視聴することができます。期間内に全ての講義を受講してください。期間前の5月10日〜「サンプル動画」をご覧いただけます。受講期間までに正常に視聴できるかご確認ください。
動画は順番通りに視聴し、視聴後は「視聴済ボタン」を必ずクリックしてください。クリックしないと次の動画を視聴することができません。
上記期間内に全ての講義を受講しない場合は、認定証は発行されません。やむを得ず、機械や通信のトラブルで受講が不可能になった場合などは、事務局にご連絡・ご相談ください(連絡先は「8.問い合わせ先」を参照)。
講習日の約1週間前にメールで、「ログインURL」「ログインID」「ログインパスワード」「講習会資料ダウンロード用URL」「WEB講習受講説明書」を送信いたします。
講習の修了が確認でき次第、受講終了者には(一社)土壌環境センターから、「土壌環境保全士」認定証を郵送いたします。到着が確認できない場合は、事務局にご連絡ください。

5. WEB講習が受講できない方(「レポート提出による更新」)

(1) 申込み

WEB講習が受講できない方は、【レポート申込フォーム】からお申込みください。
 

受講申込フォームをクリックし、IDとパスワードを入力してログインし、申込をして下さい。

初期認証登録を
済ませていない方は
初期認証をしていない方はこちらへ

 
センターから「更新費用振込書」がe-mailで送られてきますので、そこに記載された「振込先」に更新費用をお振り込みください。
振り込みが終わりましたら、e-mailをプリントアウトし、その「振込控え貼り付け欄」に「振込控え」を貼りつけて、センターへFAXまたはe-mailに添付して返信して下さい。
FAX: 03-5215-5954
 
センターが指定するテーマに基づくレポートを作成して、レポート提出受付期間内にセンターへ郵送またはe-mailに添付して送信してください。


(2) 提出書類

下記のレポートをセンターに提出するものとします。
センターが指定するテーマに基づくレポート
  • 令和3年度のレポートのテーマ:
      次の2つの設問のうち、いずれか1つを選択して所定の原稿用紙(※1)3枚(所定の原稿用紙49行以上、72行未満)にまとめてください。なお、選択した設問番号を1行目に記入してください。

    設問1.
    1)
    過去3年以内に、あなたが土壌環境保全士として行った土壌・地下水汚染の調査・対策に係る業務の概要・時期について記述してください。
    2)
    以下の①〜③のうちから2項目を選択し、上記の業務の遂行にあたって遭遇した問題点や課題を箇条書きで記述して下さい。
    現場管理者および作業者の労働安全の確保
    現場における汚染拡大防止等の環境への配慮
    調査・対策の品質の管理
    3)
    その問題点や課題をどのように解決したかを、問題点や課題ごとに、同じく箇条書きで記述してください。
    4)
    その解決策を選んだ理由と、その解決策でよいと判断した理由を問題点や課題ごとに、同じく箇条書きで記述してください。


    設問2.
    想定1:
    民家が近い工場跡地で第1種特定有害物質による土壌汚染が発覚し、あなたはこのサイトの調査担当者である。
    想定2:
    民家が近い工場跡地で第1種特定有害物質による土壌汚染が発覚し、あなたはこのサイトの対策工事担当者である。

     上記想定のうち、一つを選んで以下の項目のレポートを作成してください。
     なお、現場・周辺環境、濃度、対策方法、跡地利用施設等の条件をご自身で仮定したうえで、具体的に記載してください。
    1)
    以下の①〜③のうちから2項目を選択し、想定した業務における問題点や課題を箇条書きで記述して下さい。
    現場管理者および作業者の労働安全の確保
    現場における汚染拡大防止等の環境への配慮
    調査・対策の品質の管理
    2)
    1)で示した問題点や課題をどのような方法で解決するか、問題点や課題ごとに、箇条書きで記述してください。
    3)
    2)で示した解決策を選んだ理由と、その解決策でよいと判断した理由を問題点や課題ごとに、箇条書きで記述してください。

    ※1)
    レポート用紙はセンターホームページ>土壌環境保全士>「土壌環境保全士」登録制度についての画面の【様式第14】をダウンロードしてお使いください。
     
     
    土壌環境保全士としてふさわしくない内容の場合、または、盗用等の疑いがある場合は、レポートの再提出を求めることがあります。


(3) 書類提出先、提出期限

提出先:
(一社)土壌環境センター 資格制度事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目5番地 KSビル3階 
TEL 03-5215-5955  FAX 03-5215-5954
e-mail:hozenshi@gepc.or.jp
提出期限:
令和3年6月7日(月)までに郵送またはE-mailに添付して送信してください。

(4) レポート提出による更新受付期間

令和3年5月10日(月)〜6月7日(月)

(5) レポート提出による更新費用等

申請費用 10,470円(消費税10%含む)
領収書はレポート等の審査終了後、認定証(カード)と一緒に送付いたします。
希望者のみ:本講習用テキスト代5,230円(消費税10%含む)
最新の「本講習会用テキスト(令和2年2月版)」を、希望者に別途5,230円(消費税10%含む)にて再配布いたします。

6. 今回登録更新ができない場合

(1)
資格の有効期限内に登録更新(リフレッシュ講習の受講、または、レポート提出による更新)を行わないと、資格が一時停止となります。 なお、猶予期間(次回もしくは次々回可)が設けられていますが、それ以後は資格が失効します。 再度の資格取得には、土壌環境保全士講習(全日程)の受講、及び認定試験の合格が必要になりますのでご了承下さい。
認定証登録番号341〜405、922〜987の内、現在資格停止中の方は、今回更新されない場合、猶予期間を過ぎ、再更新ができなくなり、資格が失効します。
(2)
次回の第54回土壌環境保全士リフレッシュ講習会は、令和3年10月中旬を予定しております。また、受付開始は、令和3年8月中旬を予定しております。
(3)
資格停止中に登録更新を行えば、再び資格は有効となります。

7. 個人情報の取り扱いについて

「土壌環境保全士」登録更新(リフレッシュ講習の受講、または、レポート提出による更新)の申し込みに際し、 (一社)土壌環境センターが取得した本人の氏名、生年月日、住所等の個人情報は、登録更新の実施および登録業務を適正・円滑に遂行するために使用し、 それ以外の目的には使用いたしません。

8. 問い合わせ先

・講習会全般に関するお問い合わせ
 (一社)土壌環境センター 資格制度事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目5番地 KSビル3階
TEL 03-5215-5955  FAX 03-5215-5954  e-mail:hozenshi@gepc.or.jp
(受付時間 平日10:00〜17:00)
 
 
・システムに関するお問い合わせ
WEB講習サポートセンター
e-mail info@gepcseminar.com
(受付時間:平日10:00〜17:00)
お名前、ご使用のOS・ブラウザ等の視聴環境、問い合わせの内容を記載の上、WEB講習サポートセンターまでお問い合わせください。

※お問い合わせの際は、講習会名(令和3年度 第53回土壌環境保全士リフレッシュ講習会)をお伝えいただくとスムーズです。