社団法人 土壌環境センター  
HOME センター紹介 資格制度 セミナー・講習会 発行図書 会員企業
資格制度トップページへ
土壌環境保全士
土壌環境リスク管理者

セミナー・講習会

販売物

会員専用サイトへログイン

Home > 技術委員会 > サステイナブル・アプローチ部会 サステイナブル・レメディエーションの活用・検討ワーキンググループ

サステイナブル・アプローチ部会 サステイナブル・レメディエーションの活用・検討ワーキンググループ
研究活動の目的
  土壌汚染対策における新しい取り組みとして、環境的、社会的、および経済的要素の3つを評価して総合的に最適な対策を選択していく「サステイナブル・レメディエーション(SR)」が提唱され、各国の状況に応じた定義や評価方法の検討が進められています。
  技術委員会では、平成26〜27年度サステイナブル・アプローチ(SA)部会にて、米国および英国のSRに関する文献調査を行い、わが国における活用方策を検討し、「汚染発生者の視点で最適な浄化方法を選定するコミュニケーションツール」としての有用性を見出しました。また、土壌汚染対策に伴う環境負荷を低減するためには、原位置浄化技術の適用機会を増大させることが有用であると考えました。
  そこで本WGでは、「複数の選択肢から最適な浄化工法を選定」するSR手法の検討をさらに進めると共に、新たに原位置浄化推進のための「モニタリング」技術の活用を進めることを目的としてSRの概念を導入した「MNA」の新たな運用方法の検討を行いました。


本WGの活動の成果は、「平成30〜31年度サイト概念モデル及びモニタリングを活用した土壌・地下水汚染の評価・管理手法検討部会(CSM/MNA部会)」にて活用されています。


外部発表など
■サステイナブル・アプローチ部会 SR活用WG

■ 日本版SR評価項目を用いた浄化工法の選定事例とその課題
舟川将史・佐藤徹朗・日野成雄・高畑陽・サステイナブル・アプローチ部会
第24回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,0103(2018)
            原稿PDF      ポスターPDF


■ サステイナブル・レメディエーション(SR)の取り組みと豪州での実例紹介
水澤克哉・加藤明・佐藤徹朗・高畑陽・サステイナブル・アプローチ部会
第23回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会,S2-33(2017)
            原稿PDF      ポスターPDF


■サステイナブル・アプローチ部会 SR手法調査WG(平成26〜27年度)
■ サステイナブル・レメディエーション(SR)の取り組みと英国での実例紹介
    高畑陽・緒方浩基・大村啓介・日野成雄・舟川将史・サステイナブル・アプローチ部会
    第22回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-25(2016)
               原稿PDF     ポスターPDF

■ サステイナブル・レメディエーション(SR)の取り組みと米国での実例紹介
    高畑陽・佐藤徹朗・大村啓介・日野成雄・サステイナブル・アプローチ部会
    第21回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,S1-24(2015)
               原稿PDF     ポスターPDF


関連する終了した部会
1.部会名:サステイナブル・アプローチ部会・サステイナブル・レメディエーションに関する調査ワーキンググループ
活動期間:
平成28年〜平成29年度
活動の目的:
「複数の選択肢から最適な浄化工法を選定」するSR手法の検討をさらに進めると共に、新たに原位置浄化推進のための「モニタリング」技術の活用を進めるために、SRの概念を導入した「MNA」の新たな運用方法の検討を行いました。
活動の成果:
SR評価手法の動向調査として、H28年度は豪州でのSR評価事例、H29年度には台湾でのSR実施例について資料の和訳を行い、その内容について議論を行い、国内でのSR評価の活用方法を検討する際の参考とした。になったと思われる。
本WGで作成した日本版SRの評価項目を用いたSR評価のケーススタディを実施し、評価項目の精査を行い、「複数の選択肢から最適な浄化工法を選定」する日本版SRの評価項目のWG改良案を提示し、活用上の留意点を示し、想定されるSR適用の場面と期待される効果をまとめた。 また、地下水汚染サイトに長年対応してきた行政と、地域住民に汚染サイトの情報を公開して所管行政と共に浄化に取り組んできた民間企業の担当者に対して、SR評価とMNAの導入可能性についてヒアリングを実施した。

2.部会名:サステイナブル・アプローチ部会・サステイナブル・レメディエーションに関する調査ワーキンググループ
活動期間:
平成26年〜平成27年度
活動の目的:
土壌汚染対策における新しい取り組みとして、環境的、社会的、および経済的要素の3つを評価して総合的に最適な対策を選択していく 「サステイナブル・レメディエーション(SR)」について、欧米でのSRの最新情報や動向を調査するとともに、 幾つかのSR評価ツールを用いてわが国の事例に対するケーススタディを実施し、 わが国に適用可能なSRのフレームワークの構築(提案)を目的としました。

3.部会名:技術実態調査検討部会・SR調査検討WG
活動期間:
平成25年度
活動の目的:
SRの情報収集、国内の適用性・課題の検討
・MNA(Monitored Natural Attenuation)とSRの位置付けの確認
・SRの資料調査等に基づく国内の適用性についての有効性や技術的な課題についての討議
・SRに関する主要な文献の和訳
・識者との意見交換