「土壌環境リスク管理者」 講習会について
一般社団法人 土壌環境センター
1.はじめに
  土壌・地下水汚染の調査・対策を適切に行うにあたっては、土地所有者、不動産・金融関係者等が環境保全・リスクに関し広い見識を有することが必要です。
  「土壌環境リスク管理者」資格制度は、土壌汚染が懸念される工場、事業場敷地内の土地の資産価値を維持向上させるための (1)周辺の土壌・地下水汚染の未然防止、(2)汚染状況の把握、(3)汚染の拡散防止対策に関する基礎的知識を持つ者の教育・育成を通じて、この分野での技術の向上と発展に貢献するものです。

2.対象者
  (1)自ら敷地内の土壌環境のリスク管理に従事する者
  (2)土壌環境リスク管理に関係する者

3.講習内容
  用地(土地)の土壌環境リスクについて、既存資料をもとに評価する(サイトアセスメント)手法を
  中心に、土壌汚染状況調査、対策等について講習し、認定試験により資格認定を行うものです。
  ・環境リスクと企業経営
  ・環境サイトアセスメント
  ・土壌・地下水汚染
  ・調査の進め方と調査手法
  ・汚染対策技術
  ・認定試験

4.開催時期・場所 (予定)
 毎年6月に1回、2日間、東京都内で開催する予定です。
 詳細は、毎年4月に土壌環境センターホームページ(「資格制度(土壌環境リスク管理者)」、「セミナー・講習会」)の 『受講案内』に掲載します。

5.受講料
一般32,400円(税込)
公務員特別枠5,140円(税込)
(テキスト代を含みます。振込手数料はご負担ください。)
※)特別枠の定員は10名程度、受付は先着順とさせていただきます。

6.問合せ先
  (一社)土壌環境センター 資格制度事務局
     〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目5番地 KSビル3階
         TEL 03-5215-5955   FAX 03-5215-5954


Copyright(C) GEO-ENVIRONMENTAL PROTECTION CENTER. All Rights Reserved.