第36回 「土壌環境保全士」 講習 注意事項

  ■受講にあたっての注意事項
講習及び講義欠席について
  午前・午後の講義開始時に出席を確認します。席にお見えにならない場合は、欠席扱いとなりますのでご注意下さい。講習期間中に欠席されますと最終日の認定試験を受けることができません。 但し、次回(第37回)講習会に限り受講料の半額で再受講を認めますが、全日程の受講が必要です。
講習時間中について
  講習時間中に中座することは出来ません。また、携帯電話はマナーモードにして下さい。休憩時間に携帯電話の使用は可能です。会社等からの緊急連絡の場合のみ、(一社)土壌環境センター事務局(TEL03-5215-5955)で受け付け、本人にお伝えいたします。
講習修了証書・土壌環境保全士認定証の発行について
  • 全日程受講者には、「修了書」を発行します。
  • 認定試験合格者の発表を講習終了約1ヶ月後に(一社)土壌環境センターホームページに掲載します。
  • また、合格者には、講習終了約1ヶ月半後に「土壌環境保全士認定証」を発送します。
  • 不合格者には別途通知いたします。また、不合格者は、次回(第37回)土壌環境保全士講習会に限り、「再受講」(3日間講習、追試験:受講料半額)もしくは、「追試験」(受験料10,280円)が受けられます。追試験に不合格の場合は、講習会からの再受講(正規受講料)が必要です。
資格更新について
  • 「土壌環境保全士」資格の有効期間は3年間となっております。登録更新には(1)土壌環境保全士リフレッシュ講習の受講、または、(2)レポート等の提出による登録更新申請が必要となります。資格の有効期限内に登録更新をしないと、資格が停止します。
  • 資格停止になってから、引続き2回の登録更新(3回/年実施:(1)土壌環境保全士リフレッシュ講習の受講、または、(2)レポート等の提出による登録更新申請)を行わなかった場合は「土壌環境保全士」の資格は失効となります。再び、資格を取得するためには、土壌環境保全士講習(全日程)の受講及び認定試験の合格が必要になります。
  • 資格停止中に登録更新を行えば、再び資格は有効となります。
  • 資格更新の案内につきましては、HP掲載及び各有資格者へメールでご連絡致します。
    ※連絡先:(一社)土壌環境センター事務局・資格制度担当 (TEL.03-5215-5955)
その他
参加者名簿や一覧表は、個人情報の保護にもとづき、講習中も終了後も配布いたしませんので御了承下さい。

→講習案内
→講習内容・日程

Copyright(C) GEO-ENVIRONMENTAL PROTECTION CENTER. All Rights Reserved.