土壌環境保全士 講習会について
一般社団法人 土壌環境センター

1.はじめに

  土壌・地下水汚染の調査・対策を適切に行うにあたっては、技術のみならず法律および環境保全に関し広い見識を有した人材による実施が必要です。 すなわち、現場安全管理者から作業者までが、(1)労働安全、(2)環境配慮(汚染拡大防止など)、(3)品質管理(安全を機軸とした技術水準の確保)の要素を備え、関係者に信頼されることが重要です。
  「土壌環境保全士」資格制度は、土壌・地下水環境保全分野で社会に信頼されうる資質を有する人材を教育・認定するものです。

2.対象者
  土壌・地下水汚染対策事業(調査・対策)の実施企業の現場安全管理者及び作業者

3.講習内容
・関係法規制
・産業衛生・労働衛生
・物理、化学及び生物学的危険性
・毒性
・電離放射線及び非電離放射線
・熱ストレス・寒冷ストレス
・騒音防止と聴力保護
・閉鎖空間
・掘削工事に関する安全対策
・健康診断
・呼吸用/個人用保護具
・環境モニタリング機器
・現場管理計画
・現場安全衛生計画
・標準作業規定
・労働安全衛生計画
・救命講習(実技)
・認定試験


4.開催時期・場所 (予定)
  毎年2月に1回、3日間、東京都内で開催する予定です。
  詳細は、毎年12月に土壌環境センターホームページ(「資格制度(土壌環境保全士)」、「セミナー・講習会」)の『受講案内』に掲載します。

5.受講料
  土壌環境センター会員   54,000円(税込)
  その他、一般       75,600円(税込)
  (テキスト代を含みます。振込手数料はご負担ください。)

6.問い合せ先
    (一社)土壌環境センター 資格制度事務局
       〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目5番地 KSビル 3階
            TEL 03-5215-5955   FAX 03-5215-5954


Copyright(C) GEO-ENVIRONMENTAL PROTECTION CENTER. All Rights Reserved.