会員企業データ
会社名 ケミカルグラウト(株)
ホームページURL http://www.chemicalgrout.co.jp/
電子メール info-env@chemicalgrout.co.jp
担当部署 〒105-0001 東京都港区虎ノ門 2-2-5 共同通信会館  環境地盤改良本部 環境部
 TEL:03-5575-0480  FAX:03-5575-0575
アピールポイント 調査から評価・解析、対策技術の選定、対策工事完了まで総合的にサポート。当社の独自技術・実績(受注額:30〜50億円/年)に基づいて、ニーズにあった最適な土壌浄化技術を提案します。
該 当 業 務
調査解析計画
掘削から原位置浄化までさまざまな技術を保有し、数多くの実績があります。
その現場の状況、工期、コストなどに合わせて、いろいろな工法を組み合わせた豊富な
バリエーションの土壌浄化技術を提案しています。

【Oilex工法(気泡連行法)】
  高濃度の油で汚染された土壌を掘削回収した後、浄化プラントでほとんど乳化せずに
  土中から油類のみを気泡連行分離します。
【Curvex(自在ボーリング技術)を用いた水平エアースパージング】
  水平ボーリング技術(Curvex)を用いて、汚染地盤の下側に水平井戸を設置し、独立
  制御可能な複数のエアー噴出箇所よりエアーを噴出し、VOCなどで汚染された土壌を
  浄化します。
【ウォータージェットを用いた原位置浄化技術(ジェットリンス)】
  地中に約150mm程度のパイプを設置することで、地下の希望する深度に、直径が最大
  5m程度の円柱改良体を任意の径で計画的に造成することのできるジェットグラウト工
  法を利用し、 汚染土壌を限定浄化処理します(置換・洗浄・熱処理・分解)。

※詳細、その他技術、工法については当社ホームページを御覧ください。
分析業務
分析機器販売  
浄化設備販売  
修復施工 (VOCs)
修復施工 (重金属)
修復施工 (油)
モニタリング

Copyright(C) GEO-ENVIRONMENTAL PROTECTION CENTER. All Rights Reserved.